元日本テレビプロデューサーの坂田信久氏のお話を聞きました。

あの正月の風物詩となっている箱根駅伝の仕掛け人です。

ぶっちゃけてしまえば、今まで見ることもなかった駅伝中継。


でも

走りつないでいく選手たちの「タスキ」と

おなじような思いで、

制作者の熱意や努力の数々があったようです。


貴重なお話が聞けました。


「箱根駅伝」不可能に挑んだ男たちのなかでも語られています。

ed1727c5.jpg


来年の箱根駅伝は

この話を思い出しながら見てみようかな。