日経新聞を読んでいたら

意欲格差

という文字が目に飛び込んできた。


いろんな格差社会をつくるものだなぁ?と、メディアに感心する反面、

確かに、やる気のなさは士気を落とす要素のひとつではあると思う。



この本の内容には、

個人の運命も、組織や社会全体の運命も、

この「意欲格差」で強者と弱者へ分かれていく

と書かれている。


やる気の衰退が日本を壊していく、のだそうだ。


運命とは行動だ。

精神がアンバランスさを起こしていたら

行動はついていかない。

まずは自分に合う意欲の基を見つけたらいい。